薬と健康の豆知識

38 汗はクーラーの役割を?

汗はからだの冷房装置の役割を果たしています。運動をしたり、気温が高くなったりすると、体温も高くなるため、自然と汗が出ます。そして、汗が皮膚から蒸発する時、からだの熱を奪うので皮膚が冷え、からだが涼しくなるのです。汗の量が1リットルだと、体重60kgの人の場合には体温が12℃下がる換算となり、体温調節効果は大きいと言えます。

汗が出るおかげでどんなに暑くても或いはどんな運動したときでも体温を36℃から37℃に保っていられるのです。

薬と健康の豆知識 37・38 PDFデータ
薬と健康の豆知識 37・38
PDFデータ

薬と健康の豆知識のインデックスにもどる

ページのトップへ戻る