薬と健康の豆知識

32 五月病(ごがつびょう)ってどんな病気なのでしょうか?

「五月病」は医学用語ではなく、決まった概念や定義もありません。

四月に入学あるいは就職した新入生や新社会人が、五月の連休のあとぐらいから、うつ的気分に見舞われ、無気力な状態になることから名付けられた病名です。

ちょうど、新入社員研修が終わり、職場の配属となる6月、なかなか新しい生活に適応できずに抑うつ状態になりやすいことから、「六月病」とも最近は言われています。

薬と健康の豆知識32・33 PDFデータ
薬と健康の豆知識32・33
PDFデータ

薬と健康の豆知識のインデックスにもどる

ページのトップへ戻る