口の中に食べ物が残ることがありますか?

口の中の感覚が鈍くなったり、舌や口唇(こうしん)、頬の運動機能が低下すると、食べ物が口の中に残るようになります。口の中に残ることがしばしば起きるようであれば、栄養状態の悪化や誤嚥(ごえん)にもつながります。