摂食・嚥下のメカニズム

嚥下って?

嚥下(えんげ)とは、モノを飲み込み、胃に送ることを表す言葉です。

「嚥」という難しい漢字が使われていますが、これは、中国でツバメの子が餌を丸呑みにする様子※から作られました。口へんに燕(つばめ)と書いて「飲み込む」という意味の動詞になったのです。
 ※ツバメは人間に近い所で巣を作るため、給餌の様子がよく観察できました。

また、嚥下は英語でswallowと言います。語源は違いますが、名詞の「ツバメ」と、動詞の「飲み込む」として使われています。

嚥下のしくみ

私たちは普段、意識することなくモノを飲み込んでいます。しかし、実際のメカニズムはとても複雑で、口や、のどの様々な部分が、上手に連携を取ることで成り立っています。
その一つ一つを、順番に見ていきましょう。

摂食・嚥下障害って?

私たちは普段、意識することなく嚥下の動作を行っていますが、病気や老化などで、モノが飲み込みにくい状態になったり、飲み込めるが、肺の方へ入ってしまうようなことがあります。
これを摂食・嚥下障害(せっしょく・えんげしょうがい)と言います。

摂食・嚥下障害の原因
  • ご高齢の方では、あごや、のどの筋肉が弱ったり、だ液の分泌減少、かみ砕いて唾液と混ぜてかたまりにする咀嚼 (そしゃく) がうまくいかないなどで起こります。
  • 脳卒中や頭部外傷、神経疾患などによって、神経の経路が傷ついて、口や舌、のどの動きが障害されると起こります。

ページのトップへ戻る