検索を閉じる
トピック一覧へ

薬の形状と剤形効果が発揮しやすいようにするために、薬にはいろいろな種類があります。薬はからだに入る経路によって、口から飲む内服剤、からだの外側から作用させる外用剤、そして筋肉、血管内に直接入れる注射剤の3種類に大きく分かれています。

他のトピックを見る