検索を閉じる
トピック一覧へ

ドライマウス

唾液が出にくい状態やドライマウスになるとどんなことがおこるでしょうか

味覚への影響

まず、味を感じにくくなります。食事の味は、食べ物を咀嚼(そしゃく)することによって食べ物から溶け出す味物質が唾液に溶けて、味蕾(みらい)と呼ばれる味センサーに届けられることで感じます。唾液が出ないと味物質が味蕾に届きにくくなります。

飲み込みへの影響

唾液は食べ物を噛んで飲み込みやすい形にするために重要です。特に、水分の少ない食品は細かく粉砕することができても、そのままでは飲みにくいものです。唾液と混ぜ合わせ、飲み込みやすいかたまり=食塊(しょっかい)にすることが必要となります。

咀嚼と消化への影響

唾液には、消化作用を持った酵素(アミラーゼ)が含まれています。特にでんぷんなどを分解するのに役立っています。唾液は咀嚼による物理的な消化と、アミラーゼによる化学的な消化の作用を持っていることから、唾液が出にくくなると、このどちらも困難になります。

「ドライマウス」の一覧へ戻る

おすすめの記事