検索を閉じる
トピック一覧へ

ポリファーマシー

ポリファーマシーとは何でしょうか

ポリファーマシーとは「Poly(多くの)」+「Pharmacy(調剤)」の造語ですが、単に薬剤数が多いことではなく、薬剤が多いことにより、薬物有害事象につながる状態をいいます。

薬物有害事象:薬との因果関係がはっきりしないものを含め、薬を投与された患者さんに生じる好ましくない医療上のあらゆる出来事

ポリファーマシーの状態は、患者さんの病態や生活、環境によっても変化するため、何種類以上をポリファーマシーとするという厳密な定義はありませんが、高齢者では処方される薬の種類が6つ以上になると薬物有害事象の発生リスクが高まることがわかっています。

一般的に、高齢になるほど複数の病気にかかるリスクが高まるため、高齢者では処方される薬剤数が多くなる傾向にあります。特に75歳以上の患者さんでは、約4人に1人が7種類以上の薬剤を処方されているという報告もあります。

処方される薬の種類の構成割合(年齢別)
平成29年社会医療診療行為別統計の概況(厚生労働省)より抜粋。図表を加工して作成。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/sinryo/tyosa17/dl/gaikyo2017.pdf

ポリファーマシーにならないためには、点眼薬や外用薬、OTC医薬品も含めたご使用中の薬剤と、服薬状況、病気について、医師・薬剤師にしっかりと伝えていただくことが大切です。

「ポリファーマシー」の一覧へ戻る

おすすめの記事