検索を閉じる
トピック一覧へ

薬の副作用について

なぜ副作用が起こるのでしょうか

副作用が起こる要因として、主に以下の点が挙げられます。

1. 薬の性質によるもの

治療の目的とは違う部位で薬が作用することがあります。

2. 薬の使い方によるもの

  • 薬を使用する時間や間隔、量を誤った場合
  • 他の薬や健康食品等との飲み合わせが悪い場合

薬の効果が強く出すぎることや薬の効果が弱まることがあります。

3. 薬を使用する人の体質によるもの

[年齢、性別、体重、人種差、嗜好(飲酒、喫煙など)]
薬の効果に影響することがあります。

4. 薬を使用する人の症状によるもの

例えば、病気などの影響で肝臓や腎臓の機能が低下していると、薬の効果が強く出すぎることがあります。

同じ量の薬を投与した場合のイメージ図

「薬の副作用について」の一覧へ戻る

おすすめの記事