検索を閉じる
トピック一覧へ

調剤薬局で薬を受け取るまで―処方箋を受け取ったら、調剤薬局で薬を調剤してもらう必要があります。

お薬手帳はどのように使えばよいのでしょうか

お薬手帳は、薬をより安全に使うための手助けになります。お薬手帳にご自分が使っている薬の記録をつけておくと、普段使っている薬や、薬に関する情報を正しく知ることができ、副作用や重複服用の防止につながります。

たとえば、現在飲んでいる薬が一目でわかるほか、複数の病院やクリニックで治療を受けている場合、同じ成分の薬が出たり、一緒に飲んではいけない薬が出たり、飲み合わせのよくない薬が出たりすることを防げます。

また、薬によるアレルギー経験なども医師や薬剤師に正確に伝えられます。ただ、医療機関や薬局ごとに手帳を分けてしまうと、医師や薬剤師が正確な判断をしにくくなるため、お薬手帳は1冊にまとめましょう。スマートフォンなどで利用できる電子版もあるため、ご自身で使いやすいものを選んで活用しましょう。

なお、お薬手帳は診察や薬を購入するときだけでなく、災害などの緊急時に持っていると、飲んでいる薬が正確にわかるため安心です。

お薬手帳に記載する主な項目

  • 氏名、性別、生年月日、血液型、住所、電話番号、緊急連絡先
  • アレルギー・副作用歴の有無、過去の病歴、かかりつけ医・薬剤師など
  • 服用薬に関する情報:処方された薬の名前、用法・用量・期間など

「調剤薬局で薬を受け取るまで」の一覧へ戻る

おすすめの記事