検索を閉じる
トピック一覧へ

薬の正しい使い方─薬を飲む時に注意していただきたいこと

薬は水以外の飲み物で服用してもよいのでしょうか

水以外の飲み物で飲むと、薬の効果に影響が出たり、副作用が出やすくなることがあります。

ジュースや牛乳などで服用すると、薬によっては効き目などが変化してしまう可能性があります。

例えば、グレープフルーツジュースに含まれる成分が、薬の代謝に影響を与え、薬物の血液中の濃度(血中濃度)を上昇させてしまうことがあります。
そうなると、薬によっては血圧が下がりすぎたり、頭痛、めまいなどの症状を引き起こすことがあります。

以前はお茶での服用はよくないと言われていた時期もありましたが、最近は問題ないと言われています。しかし、玉露のような濃いお茶は避けるべきです。

また、アルコール飲料で飲むことも薬の作用に影響を与えたり、副作用が起こりやすくなる危険性があります。薬は水で飲むように心がけましょう。

「薬の正しい使い方」の一覧へ戻る

おすすめの記事