検索を閉じる
トピック一覧へ

薬とは

薬にはどんな種類がありますか

薬は、医療用医薬品(処方薬)、要指導医薬品、一般用医薬品の大きく3つに分類されています。さらに、一般用医薬品は第一類から第三類までの3種類に分けられています。医療用医薬品は、患者さんの症状や体質に合わせて医師が処方する薬です。要指導医薬品と一般用医薬品は、患者さんが自分の症状に合わせて薬局で買える薬で、OTC医薬品、市販薬、大衆薬ともいいます。

薬の種類について、もう少し詳しくみてみましょう。

医療用医薬品

医療用医薬品は、医師が患者さん一人ひとりの病気や症状、体質などに合わせて処方箋を出し、処方箋に基づいて薬剤師が調剤する薬です。高い効き目が期待できる反面、副作用が出る恐れもあるため、医師や薬剤師の指導が必要な薬です。

対応できる専門家
医師や薬剤師の指導が必要な薬
OTC
医薬品
要指導
医薬品

要指導医薬品は、医療用医薬品から一般用医薬品なって間もないもので、副作用のようなリスクが不確定なため、薬剤師の説明を聞かなければ買えません。インターネットなどでの販売は禁止されています。一部のアレルギー薬や解熱鎮痛薬などが要指導医薬品となっています。

薬の例:一部のアレルギー薬など

対応できる専門家
薬剤師の説明を聞かなければ買えません
一般用
医薬品

一般用医薬品は、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分類されます。

第一類医薬品

第一類医薬品は、一般用医薬品として使用実績が少ないものや、副作用・飲み合わせなどで安全性上、特に注意が必要です。薬剤師の説明を聞かないと買えません。一部の解熱鎮痛剤や毛髪剤が該当します。

薬の例:一部の解熱鎮痛剤や毛髪剤など

対応できる専門家
薬剤師の説明を聞かないと買えません
第二類医薬品

第二類医薬品は、副作用・飲み合わせなどで安全性上の注意がいるものです。薬剤師または講習を受けた登録販売者が対応できます。患者さんへの説明は「努力義務」となっています。主なかぜ薬、解熱鎮痛剤などが該当します。

薬の例:主なかぜ薬、解熱鎮痛剤など

対応できる専門家
薬剤師または講習を受けた登録販売者が対応できます
第三類医薬品

第三類医薬品は、副作用などで安全性上、多少の注意を必要とするものです。薬剤師または講習を受けた登録販売者が対応できます。患者さんへの説明は特にいらないとされています。一部のビタミン剤、整腸剤や消化剤などが該当します。

薬の例:一部のビタミン剤、整腸剤や消化剤など

対応できる専門家
薬剤師または講習を受けた登録販売者が対応できます

「薬とは」の一覧へ戻る

おすすめの記事