ジェネリックってなんだろう?

Q.ジェネリック医薬品を調剤してもらうには?(2)

患者様ご自身でジェネリック医薬品を選べる場合があります。

薬局で薬剤師に相談する

薬局で薬剤師に「ジェネリック医薬品に したいのですが・・・」と相談してみて ください。
処方せんの「変更不可」欄に「チェックマーク」または「×」印がない場合は、薬剤師の判断で、新薬と同じジェネリック医薬品に変更してもらうことができます。-(「チェックマーク」または「×」印は、個々のお薬ごとに医師が判断します)-「変更不可」欄に「チェックマーク」または「×」印がある場合は、保険医署名欄に署名または記名・押印が入ります

処方せんに記載されている新薬と、剤形や含量が違うジェネリック医薬品に変更できる場合もあります。

  • 〈剤形や含量の変更とは〉
  • 例えば...
  • 錠剤 5mg 2錠 → 10mg 1錠
    カプセル剤 → 錠剤
    錠剤 → 口腔内崩壊錠(OD錠)
  • 剤形と含量を同時に変更できる場合もあります。
  • カプセル剤 5mg 2カプセル→錠剤10mg 1錠
  • (含量の変更)
    (剤形の変更)
    (剤形の変更)
  • 塗り薬や貼り薬など、飲み薬以外のお薬は、種類を変更できません。
  • ゲル剤 → テープ剤 ×
    軟膏 → クリーム剤 ×
  • 詳しくは薬剤師に相談してみましょう。

処方せんのお薬の名前は、一般名(成分名)で記載される場合があります。その場合も、ジェネリック医薬品を選択することができます。
保険薬局がジェネリック医薬品を取り扱っていない場合は、すぐには手に入らないことがあります。

ジェネリック医薬品を服用していて気になったことは、医師や薬剤師に相談しましょう。

※すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。

ページのトップへ戻る